プリウスの新型が公開されました。お得に購入する方法とは!?

プリウス新型が2015年12月9日に正式発売されました★
新型の価格も発表され、各グレードの価格は以下になっています。
E・・2,429,018円、S・・2,479,091円、A・・2,777,563円、Aプレミアム・・3,107,455円
ほぼ予想通りの価格で嬉しいです。

燃費は、 Eで脅威の40.8km/L、他グレードで37.2km/Lとなりました。
さすが、時代を変えた人気車種。新型も期待以上の車になりました♪

新型も人気がすでに高く、納期も伸びてきているので、
今のうちに、できるだけ安く購入する方法をマスターしておきたいですね。

そこで、プリウス 新型の最大の値引き額を引き出すコツと、
さらにそれ以上に費用が安くなる方法も紹介します♪

まず、値引きの基本ですが、店舗を複数回ることが大切です☆

値引き額を大きくするために、店舗同士を競合させるのは、最低限やっておきたい努力です。
どのお店も、自分のお店で契約を取りたいと考えるので、最大限の努力をしてくれます。

そして各店舗で、必ず見積りを2パターン作成してもらいましょう。

一つは「下取り車なし」の見積り、一つは「下取り車あり」の見積りをだしてもらいます。
目的は、下取り車の買取価格がいくらなのかと、純粋な車自体の値引き金額がいくらなのかを知るためです。

例えば、色んなオプションを付けた状態で定価が120万円だとします。
2パターンの見積りが、下取り車ありの場合が90万円、下取り車なしで110万円だとすると、
差額が20万円なので、下取り車の買取価格が20万円だということが分かります。

また、純粋な値引き金額は、10万円ということも分かります。まずは複数店舗周り、純粋な値引き金額の多い店を選びます。

ここからが本当に重要なコツです。

さらに安い金額で手にいれる方法は、愛車の価値を知ることです。

あなたは愛車の本当の価値を知っていますか?
先の例でいくと、下取り20万円ですが、あなたの愛車は本当に現在20万円の価値しかないのでしょうか?

これは絶対に確認しておくこと必要です。

確認しておかないと、あっさりとディーラーさんに買い叩かれてしまいます。

せっかく数店舗まわって、値引き金額を20万円引き出したとしても、愛車を20万円分買い叩かれていたら、(本当の価値が40万円だったとしたら)
苦労が水の泡どころか損をしていることになってしまいます。

しかもそのことに気が付くことができない・・・・
(実際に私の友人は下記の査定価格よりも、37万円分も買い叩かれそうになりました。。。)

そういう事態を避けるために、前もって愛車の本当の価値を調べておきましょう。

便利な時代になったもので、今なら自宅にいながら、たった1分ほどで分かってしまいます★

かんたん車査定ガイドなら、有名買い取り会社が競売状態で値段をつり上げていく仕組みなので、

現在の最高価値が分かります。
↓↓↓
t-1
http://a-satei.com

実際に店舗を回ってだしてもらったディーラーの下取りよりも、

かんたん車査定ガイドの査定が高い場合は、無理して下取りさせず、かんたん車査定ガイドで見つけた方に売却する方がお得です♪

プリウス 新型の購入資金も随分楽になることでしょう。

たった1分で、30万円以上得する可能性があるなら、やった方が良いですよね☆

それにしても、進化はすごいですね。

プリウス 新型
東京モーターショウでプリウス 新型を撮ってきました。新型の方が現行モデルより好きです。

プリウス新型の主なグレードの詳細や価格をまとめました。

E・・新型は装備を削ることによって、燃費を最高にしたモデルです。新型の燃料タンクはこのグレードのみ38Lになっています。燃費は脅威の40.8km/lを達成しています。新型の価格は約243万円からになっています。

S・・一番売れ筋になりそうなグレードで、バランスがとれています。センターガーニッシュ塗装や合成皮革ステアリングが付きます。価格は約248万円からです。4WDが設定されていて、新型の価格は約267万円からです。

A・・新型ではトヨタセーフティセンスPが標準装備されていて、安全面でも安心です。昇湿・降湿抑制機能が付いているステアリングとカラーヘッドアップディスプレイも装備されています。新型の価格は約278万円からです。4WDの価格は約297万円からです。

Aプレミアム・・最上級グレードで本革のフロント快適湿熱シートや、本革ステアリング、パワーシート、非常時給電システムなどの装備も標準となっています。新型の価格は約310万円からです。4WDの価格は約330万円からです。

新型の詳細があきらかになるに連れて、ますます期待してしまいます。
それにしても東京モーターショウで観るのが楽しみです。

追記:ついに発売されましたね。東京モーターショウで観て惚れていたので、本当に嬉しいです。

プリウスは世界初の量産ハイブリッドカーとして、エコカーの代名詞となっていますね。特にプリウス3代目の現行のモデルから、価格もグットさがり、爆発的に売れています。
新型がでていないプリウスは現在でも、販売当時程の勢いはさすがになくなりましたが、アクアと販売台数を競っているのはすごいですね。
内外のデザインや、プリウスの各種のモニター表示は未来的に仕上げられているので、オーナーにとっては長くのっても、満足し続けることができるのも人気の秘密です。
プリウスの現行のモデルは1800ccに拡大されたにもかかわらず、先代を上回る燃費性能を実現したのが素晴らしいです。プリウス 新型は2015年9月にフルモデルチェンジが予想されていますが、新型がでるまでも、しばらくは人気が続きそうですね。おすすめ、人気のモデルはグレードSです。
プリウスは新型の場合、限界の値引き価格は16万円前後です。
プリウスの最大の魅力は、なんといってもカタログ燃費32.6km/Lの燃費性能です。新型では価格があがらず、さらに向上しています。
さらに動力性能も強力なので、プリウスは同じクラスのガソリン車と比べても、負けないどころか、むしろ格上にすら感じさせます。
また、価格に対しての、トヨタクオリティの快適装備、安全装備はさすがとしかいいようがありません。プリウスは価格もそうですが、静寂性にも富んでいるのもおすすめポイントです。(静かすぎるとの意見もありますが。。)これだけ揃って、プリウスは価格が200万円代前半から手に入れれるのですから、大人気なのも当然ですね。新型も価格を含め楽しみです。
現行のプリウス新型は、1997年に発売されたハイブリッド専用車、トヨタ・プリウスの3代目モデルです。2009年1月に開催された北米国際オートショーにおいてプリウスは発表され、同年5月18日に日本において販売が開始されました。日本以外でも、2009年5月下旬には北米市場で発売されたほか、プリウス2代目モデルの約2倍となる約80か国での販売が行われています。
プリウス新型の生産は当初、愛知県豊田市のトヨタ自動車堤工場および同県刈谷市のトヨタ車体富士松工場の2工場のみにおいて行われていましたが、タイでは日本から輸入すると関税が高くかかり、価格が3倍ほどになってしまうため、プリウスは2010年11月29日からは同国チャチューンサオ県のトヨタ・モーター・タイランド ゲートウェイ工場でのプリウスの現地生産が開始されました。プリウスの新型の魅力はなんといっても、32.6km/Lという低燃費と、同クラスのガソリン車に負けない、動力です。またプリウスの先進的なボディフォルムも新型車としてオーナーを満足させています。
プリウスは世界初の量産ハイブリッドカーとして、エコカーの代名詞となっていますね。プリウスは特に3代目の現行のモデルから、価格もグットさがり、爆発的に売れています。
現在でも、販売当時程の勢いはさすがになくなりましたが、アクアと販売台数を競っているのはすごいですね。
内外のデザインや、各種のモニター表示は未来的に仕上げられているので、オーナーにとっては長くのっても、満足し続けることができるのも人気の秘密です。
現行のモデルは1800ccに拡大されたにもかかわらず、先代を上回る燃費性能を実現したのが素晴らしいです。2015年9月にフルモデルチェンジが予想されていますが、しばらくは人気が続きそうですね。おすすめ、人気のモデルはグレードSです。
限界の値引き価格は16万円前後です。
プリウス新型の最大の魅力は、なんといってもカタログ燃費32.6km/Lの燃費性能です。
さらにプリウスの動力性能も強力なので、同じクラスのガソリン車と比べても、負けないどころか、プリウスの新型はむしろ格上にすら感じさせます。価格に比べてコストパフォーマンスもすごいです。
また、トヨタクオリティの快適装備、安全装備はさすがとしかいいようがありません。プリウスの新型は静寂性にも富んでいるのもおすすめポイントです。(静かすぎるとの意見もありますが。。)これだけ揃って、プリウス新型は200万円代前半から手に入れれるのですから、大人気なのも当然ですね。
現行のプリウスは、1997年に発売されたハイブリッド専用車、トヨタ・プリウスの3代目モデルです。そのプリウス新型は2009年1月に開催された北米国際オートショーにおいて発表され、同年5月18日に日本において販売が開始されました。日本以外でも、2009年5月下旬には北米市場で発売されたほか、プリウス2代目モデルの約2倍となる約80か国での販売が行われています。
プリウスの生産は当初、愛知県豊田市のトヨタ自動車堤工場および同県刈谷市のトヨタ車体富士松工場の2工場のみにおいて行われていましたが、プリウスの新型はタイでは日本から輸入すると関税が高くかかり、価格に影響し、プリウス新型の価格が3倍ほどになってしまうため、2010年11月29日からは同国チャチューンサオ県のトヨタ・モーター・タイランド ゲートウェイ工場でのプリウス新型の現地生産が開始されました。新型になっても、価格があがりません。プリウス 新型の魅力はなんといっても、32.6km/Lという低燃費と、同クラスのガソリン車に負けない、プリウス 新型の動力です。また新型もそうですが、プリウス独自の先進的なボディフォルムもオーナーを満足させています。オデッセイハイブリッド最新情報 セレナ 新型 価格を知りたいです