ゆるぎない強固なボディ構造になりました。

ゆるぎない強固なボディ構造に作るためには、構成部材も高強度でなくてはなりません。
通常の鋼板を凌ぐ強度を持つ超高張力鋼板です「ホットスタンプ材」を
各所に積極的に使用することで、より強固なボディ構造を実現しました。
puriuho
圧倒的な強度を有するホットスタンプ材は。

骨格部材の随所に高張力鋼板が使用されていますが、鋼板を加熱して特殊加工して作られた超高張力鋼板を「ホットスタンプ材」といいます。
超高張力鋼板は一般的な鋼板に対して、約4~5倍の引張強度を持っており、板の厚みを低くしても通常の鋼板を凌ぐ強度が得られます。

3%から19%に適用拡大。衝突安全面にも寄与。

ホットスタンプ工法の採用により、Bピラーやロッカーといった複雑な形状の部品への加工が可能となったおかげで、先代プリウスの使用範囲が3%だったのに関し、4代目は19%へと大幅拡大。
高強度な超高張力鋼板ですホットスタンプ材を、衝突時に乗員を続けるキャビンまわりにより多く使用見込めることで、衝突安全面にも寄与しています。

成形の自由度を得たホットスタンプ材で、ボディを強化。

超高張力鋼板は高強度であるがゆえに、変形しにくく加工しづらい素材だ。こういう難題を解決するホットスタンプ工法の開発により、超高張力鋼板を積極的に使用できるようになり、より強固なボディ構造を実現することができました。
その工程は、平らな状態の鋼板を加熱し、赤く温めた状態でプレス機にかけた直後に瞬間冷却して反発を解きほぐし、形状を固定化講じるは。一般的な鋼板の引張強度が300MPa程度ですのに関し、1,500MPaという強度を誇る超高張力鋼板を用いて、自由に部材をつくり出すことが可能となります。今回新たに、電気で熱を入れる設備を導入して、実現しました。

前後への最適なトルク配分制御を行う、HV4WD(E-Four)の開発で低燃費化を実現しました。
コンパクト化したシステムを最適に配置することで、ゆとり起こる荷室空間の確保にも成功。
寒冷地のご利用状況に合わせた、徹底した走行テストを実施し、システムの完成度を高めている。

日常使いから雪道まで、ぐっすりアシスト。

リヤインバーター リヤトランスアクスル&リヤモーター ハイブリッドバッテリー
HV4WD(E-Four)は、普段の運転のなかで走行状態によって前輪駆動走行から4輪駆動走行へと、自動的に制御やるシステムだ。
加速時や雪道などの滑り易い路面で、スムーズに4輪駆動走行へ切り換えることで発進性・走行安定性をアシスト。コーナリング時には車両の状態に合わせて前後へのトルク配分を最適化し、際立つ操縦安定性をもたらします。
日常での使用によって、発進時には前輪だけでなく後輪にも駆動力を配分し、発進をアシスト。
その後は時速70km/hまで、走行条件によって前後輪を10:0から4:6の配分比の間で制御行う。言わば賢く必要な分だけ動くシステムだ。

低燃費を諦めない。引き摺り抵抗も徹底カット。

4代目プリウスのHV4WD(E-Four)搭載車は、JC08モード走行燃料消費率34.0km/Lを達成。3代目プリウスの2WD車(32.6km/L)を超える低燃費を実現しました。
具体的な低燃費化対策として磁石レスの誘導モーターを採用し、磁力による引き摺り抵抗によるエネルギーロスをカットしました。ひいては、内部オイルの抵抗にも注目して、抵抗を排除しました。
そういった引き摺り抵抗低減技術を多数織り込み、さらなる低燃費化を徹底的に追求しました。

ユニットの75%小型化達成。荷室空間をしっかり確保。

高出力E-Four、HV4WDの側面からの図
HV4WD(E-Four)のシステムユニットは、高出力なE-Fourシステムに比べ質量・がたい共に、約75%*2の小型化に成功しました。これにより、2WD車とおそらく貫く荷室空間を確保しています。
従来はモーターの駆動軸/リダクションギヤの駆動軸/デファレンシャルギヤの駆動軸といった3本の独立した駆動軸を有する構成でしたが、モーターといったリダクションギヤの駆動軸

プリウス 新型は環境への思いも詰まっています。

プリウス 新型の開発者の思いとは?
当時、こちらに与えられたミッションは、プリウスのモデルチェンジのプロデュースCEOを務めるだけでなく、TNGAの意識出しとして4代目プリウスを業界に送りだすことでした。TNGAの理解というのは、もっといい愛車製作をターゲットとして、愛車製作の制度リストラクションを行うことです。
つまり、プリウス 新型には、目新しいエコカーとしてのアイコンというポストだけでなく、トヨタ愛車の愛車リサーチが変わるというキーアイコンがありました。そのため、こちらはプリウス 新型をエコカーの範囲内で育てるのではなく、新たなTNGAという愛車リサーチのリストラクションの中で、エコカーから巣立たせるような意思を持ってプロデュースに当たりました。プリウス 新型がまったく新しいコンセプトということですね。
プリウス 新型で取り敢えず始めに考えたことは、「雰囲気」というキーワードを広義の意味で捉えようと思いました。
一つは地球雰囲気、もう一つは背景です。
地球雰囲気を良くすることはプリウスの持つDNAです。そして、背景を良くするDNAがTNGAです。
地球雰囲気の点は、徹底的に雰囲気動作を上げて出向く行為。そのためには移動ときの雰囲気圧力をこれまで以上に削減するために、燃費標的40km/Lという厳しいハードルをプロデュース当初から決めて、それを達成していくことにしました。背景は色々ありますが、取り敢えず愛車が人前について果たさなければいけない責任は、トラブルのない状況を作る行為、つまりトラブル無を実現することです。そして、安全な愛車を目指すトヨタ自動車の究極の標的でもあります。
此度TNGAで考え方動作を向上した用は、断じて現れの楽しさをレベルアップするということだけを目指したわけではありません。プリウス 新型は、過去形式よりもぐっと低くなった低重心メニューとなっていますが、低重心を通じて移動ときの愛車は安定します。安定は自分が思った通りに愛車が動いて受け取ることで、運転ときの扇動を軽減できます。プリウス 新型は人間を薄く座らせるのも、より自然な状態で運転をすることができるからです。
これまでは少し送信ライトな運転様式を設定していたため、たくさん運転していると疲れやすかったのではないかと感じています。プリウス 新型では乗降性との均衡を見極めながら、よりナチュラルで快適な運転様式を追求することで、遠路運転も世間の運転も、疲れ辛く、より楽に、安心して運転して下さる。それがトラブルのない状況に一歩たどり着くというポストでTNGAを捉えています。
その上でプリウス 新型ようの警護セキュリティの観点からセキュリティ機器「TSSP」(Toyota Safety Sense P)を設定しました。

新型のTNGAはプラットフォームの制度リストラクションので、骨格部分のように思われがちですが、ハイブリッド仕掛けもTSSPもTNGAの要素です。その理由はみんなが大きく使ってできるものだからです。どのような愛車に限らず、同じように使っていけるものを作ろうというのがTNGAの元々の理解であり、目的の一門だからです。TSSPを積極的に使っていこうというのも、トラブルを減らすことができ、背景に貢献することになるからです。
また、ナチュラル災禍の多い日本では、プリウス 新型でもハイブリッド愛車やプラグインハイブリッド愛車が持つ「外部給電役割」もTNGAの意思から生まれた装具です。そういったさまざまな役割パートを思い切り組み入れることで、地球雰囲気だけでなく、背景も含めてプリウスは雰囲気を良くしていくという理解でプロデュースを進めてきました。

様々な魅力が詰まっています。

プリウス 新型では、基本から個々専用の構想であるかのように、直感的な課題を遊べるコックピット。
プリウスのDNAでもある「遠方口外・目先課題」を基本に、自分って自家用車が自然に絆合えるインターフェースを追求しました。プリウス 新型も最高ですね。
まずは運転してください。プリウスは、あなたの実感にもピタリと見合うはずです。

プリウス 新型のフィーリングとして、より直感的なユーザビリティーを目指して、これまで表現に設定されていたクーラーの気温・そよ風嵩整頓交替を、アップダウンの課題で調節できるように変更しました。この交替、目線で見なくても調節できるくらいユーザビリティーが大きいので、運転中の人気引越しを少なくしてくれます。つまり、より安全なドライビングにもつながっているのです。
知りたい内容を、一目で受けとり。
マルチインフォメーションディスプレイもプリウス 新型ではいい感じです。(4.2インチTFT彩り/メーター照度管理付)プリウスとの連絡はいつもここから。運行有様などと連携した内容を、高綿密な液晶ウィンドウに表示します。またステアリング交替(右側)で、ハイブリッドシステムインジケーターや燃費遍歴など、エコ内容ウィンドウも口外できます。

グラフィックメーター(4.2インチTFT彩り/メーター照度管理付)がプリウス 新型には付いています。
昼間でも、くっきり見やすく。ペースや燃料累計といった原点内容を、鮮やかに表示する高綿密メーターです。
カラーヘッドアップディスプレイもプリウス 新型の特徴ですね。
運行に必要な内容をウインドシールドガラスの視野内に投影します。車速やハイブリッドシステムインジケーターなど、さまざまな連絡内容をエンジン食物の上部にあるかのようにワイドに口外。彩りで表示することで、内容を瞬時に分かりやすく認識することができます。プリウス 新型はやっぱりいいですね。

プリウス 新型のフィーリングのひとつは、自分に寄り添う、直感的な課題フィール。
ストレスを感じることなく快適に運行を楽しめるみたい、プリウスは詳細にまでユーザビリティーにこだわっています。たとえば、スウィッチレバーは扱いやすく、初めて触っても作戦になじむフォルム。指を伸ばせばレバーに自然に行きつくちょうどいい設定に設定されています。プリウス 新型もまた、入口トリムや文書レバーも指にフィットする形で、入口の開け閉めや文書の位置管理が流暢です。オートクーラーには、気温・そよ風嵩整頓を直感的なアップダウン課題でやれる交替によることで、人気引越しを少なくし安全な運行にも有用します。
エコ運行をレクレーション感覚で。
ハイブリッド体系の才能や回生ときの現況口外に加え、環境に配慮したアクセル課題の設置を表示するエコアクセルガイドを準備。アクセル課題からエコ運行質を採点するなど、エコ運行の楽しさを広げる一部分も目白押し。今日はどれだけエコな現れができるか。プリウスにはこんな魅力もあります。プリウス 新型はいい感じです。

プリウス 新型では、前文から目線を取り逃すことなく管理もできます。。フォトはA上等“ツーリングセレクション”ステアリング交替
マルチインフォメーションディスプレイひとつの口外スウィッチやオーディオなどの課題を、ステアリングから作戦を離さずにできます。軽快な交替感情と共に、交替を見なくても課題がしやすいみたい、キャパシティーの範囲分けを配色とフォルムで明快に左右。人気引越しが短くスムーズな課題が可能です。
3図書スポークステアリングホイールもプリウス 新型の特徴です。
乗員が常に触れるゾーンだからこそ、作戦になじむ感触を何よりも大切にしました。革の十八番を活かした滑らかな触感と共に、最適なグリップフォルムを追求することで、優れた課題感情を実現しています。
作戦になじむ、高感触のグリップ。
本革巻きステアリングホイールがプリウス 新型ではいい感じです。
組み合わせ皮革巻きステアリングホイール(昇温・降温抑制機能付)
組み合わせ皮革のステアリングホイールには新育成の昇温・降温抑制機能を雇用。夏場の炎天下の熱さや冬の午前の冷たさを和らげます。