空力性能もアップしています。

特有から生まれた、空力構図もプリウス 新型の特徴です。新エアロダイナミクス
燃費の良い、究極の空力構図をめざして。プリウスの代表でもあるトライアングル影法師が再度進化しました。強みは、前に出たルーフ季節からリヤへといった流れ出る穏やかな構図。ルーフ季節が前に退職しリヤがなだらかになった結果、感覚対抗が減り、風の流れがスムーズに。感覚を巧みに聞き流す結果、CD統計*1=0.24*2の繁盛に有用し、燃費発達って際立つコントロールリライアビリティをもたらします。
足下にも、確かなリアクション美貌を。アルミホイールもプリウス 新型の魅力です。
特有と共に走り抜けるために。リアクション美貌を追求した先進的なアルミホイールをご用意しました。17インチには、悪徳塗装のアルミホイールとシルバーの樹脂加飾パーツを組み合わせた画期的なしかたを就職。15インチは、アルミホイールってホイールキャップを組み合わせた構図にするなど、とも軽量化といった空力規格の発達を兼務。先進性って高級感を演出しながら、燃費にも貢献するアルミホイールだ。
プリウス 新型では、細部にわたって、風の流れを保全を実現しています。空力規格の検証
突出した空力規格の導因。それは、ルーフパターンの改革だけでは喋りきれません。フロントピラーをはじめとした、各車体パーツも空力規格を決めるパターンへ。ドアミラーやルーフアンテナも空力規格を兼務したドラフトだ。二度とフロアアンダーカバーを設置し、床下を平坦化することで風の流れをスムーズにするなど、床下整流も履行。風の流れをコントロールする様々な知性が、細部にわたって宿されている。
プリウス 新型
エンジンの暖好機を早め、感覚対抗も節減をプリウス 新型ではしています。グリルドア
実は、グリルの裏にも感覚対抗への要領があります。運転状態やエンジンの暖好機状態に合わせて、自動的開閉するグリルドア。アイシングつながりに必要な運転特有が過剰な運転シーンではドアを閉じ、その流れを積極的に床下に導くことにより、床下の整流インパクトを向上させます。エンジンの暖好機を促進しながら感覚対抗の節減も企てる、かしこい機械だ。
空力ドラフトに宿る、被視認性への執着心を感じさせるプリウス 新型です。リヤスポイラー(LEDハイマウントストップランプ付)
感覚対抗の節減に貢献するリヤスポイラーといった、LEDハイマウントストップランプ。先進的なフォームを演出すると共に、均一に点灯するLEDが継続車種からの被視認性を高めます。

プリウス 新型では、無駄のない構図が手に入れた究極の空力規格。フロントバンパー湾曲、フロントピラー、リヤバンパーコーナー&リヤ周りのコピー、ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
3代目プリウスよりもルーフ季節を先へ170mm退職し、その季節からリヤへといった広がる穏やかな構図にしたことで、グングン流線型に近づきました。ルーフから収納にわたって圧力の回復ができるようにパターンを工夫しながら、リアスポイラーやリヤバンパーの高さ・長さ・視点を分散したことにより、特有をスムーズに流すことが可能となり、雰囲気トップレベルのCD統計=0.24*1が実現しました。
やはりこういう突出した空力規格は、ルーフ周りのパターンの改革だけでは喋りきれません。フロントピラーの段差を少なくしインテリアに整流ガーニッシュの据置。フロントタイヤの前部を整流する最適な視点を追求したフロントバンパー湾曲パターンの対比。背後への感覚の流れを考えるリヤバンパーやリアコンビネーションランプのパターン工夫。ドアミラーやルーフアンテナも空力規格を兼務したドラフトというしました。このように、違いさまざまな各車体パーツまで工夫・分散を行っています。プリウス 新型はやっぱりすごいですね。

プリウス 新型ではエンジンやシステムなど様々進化しています。

プリウス 新型で、進化した、2ZR-FXEエンジン。プリウス 新型には1.8L・直列4気筒の改め2ZR-FXEエンジンを搭載しています。大寸法クールドEGR*1(排泄瓦斯再サイクル)システムの流入量出稿をはじめ、吸気ポートポジションのチェンジやクールエアダクトの抜てきなどにより、燃焼効率が著しくUP。ガソリンエンジン風土トップレベルとなる最大限意気ごみコストパフォーマンス40百分率を達成しました。燃費スペックを飛躍的に高めながら、低エミッション、ゆとりの実行スペックを実現しています。また、エンジンコストパフォーマンスを決める思惑諸元である、収縮比を上げることが可能な高推進比転回を永続抜てき。メインガソリン用でありながら収縮比13.0を実現し、低燃費の発展に貢献しています。*1.EGR:Exhaust Gas Recirculation
大容量クールドEGRシステム
排気ガスをEGR室温でアイシング、その後、吸気経路に再サイクルさせることにより、ポンピングマイナス、エンジンアイシングマイナスを低減します。また、換気温度を下げることにより全域原理空燃比を実現し、燃費増量と共にエミッション短縮にも有益。4代目プリウスでは、インテークマニホールドのERG配布回廊のプロセスをチェンジし、再びコストパフォーマンスのよい燃焼につなげました。
吸気ポート
吸気ポートの位置という格好を変更する結果、タンブル道のりの気流を直進化。もう一度逆タンブルの気流材料も低下させる結果、タンブル比*2を大幅に向上させるなど、燃焼効率がすごくUP。低燃費化に貢献しています。
*2.
シリンダ内での撹拌のがたいを表す据置。ピストンの駆動道のりの旋回流というそのコア道のりの比。
プリウス 新型
クールエアダクト
低食物の体に対応するため、エアバキュームクリーナーを小型・低レイアウト化。また、ハイウェイ走行時に大量の外気を導入するための特別吸気開口を設定しました。密度のおっきい刺々しい感じを吸うことにより、燃焼コストパフォーマンスを高めています。
ハイブリッドトランスアクスルもプリウス 新型で、進化したポイントです。リダクション役所(モーターのトルクを拡大するためのダウン役所)の平行コアギヤ化により、駆動マイナスを以前比で約20百分率*1の短縮を実現しました。また、モーターを複コア配置した結果トランスアクスルの全長を約12百分率(409mm→362mm)*1のコンパクト化に成功。加えて、パワーコントロールユニットをトランスアクスル直上に配置する結果、ハイブリッドシステムの小型軽量化を実現しています。

プリウス 新型では、パワーコントロールユニットも進化しています。
低マイナス素子の抜てきなどにより、際立つマイナス短縮を実現。また低減を考える結果、トランスアクスル直上搭載を可能にし、ラゲージにあった補タイミングバッテリーをエンジン部屋へ移動することにより、ラゲージスペースも広くなっています。
また、バッテリーの直流電圧を、モーターやジェネレーターで使えるようにふれ合い電圧に改造したり、その逆改造を行う人気カードを低減。もう一度アイシング器材も新設計する結果、アイシングコストパフォーマンスをアップするとともに、コンパクト化と軽量化を実現しました。可変電圧システムはモーター・発電タイミングの駆動電圧を最大限DC600VTRまで、必要に応じて無段階で昇圧行なう。

DC/DCコンバーターもプリウス 新型の進化のポイントになっています。
貨物の補タイミング部類・電子装具ECU の電源として使えるように、バッテリー・発電タイミングから発生する高電圧を減圧行なう。

ゆるぎない強固なボディ構造になりました。

ゆるぎない強固なボディ構造に作るためには、構成部材も高強度でなくてはなりません。
通常の鋼板を凌ぐ強度を持つ超高張力鋼板です「ホットスタンプ材」を
各所に積極的に使用することで、より強固なボディ構造を実現しました。
puriuho
圧倒的な強度を有するホットスタンプ材は。

骨格部材の随所に高張力鋼板が使用されていますが、鋼板を加熱して特殊加工して作られた超高張力鋼板を「ホットスタンプ材」といいます。
超高張力鋼板は一般的な鋼板に対して、約4~5倍の引張強度を持っており、板の厚みを低くしても通常の鋼板を凌ぐ強度が得られます。

3%から19%に適用拡大。衝突安全面にも寄与。

ホットスタンプ工法の採用により、Bピラーやロッカーといった複雑な形状の部品への加工が可能となったおかげで、先代プリウスの使用範囲が3%だったのに関し、4代目は19%へと大幅拡大。
高強度な超高張力鋼板ですホットスタンプ材を、衝突時に乗員を続けるキャビンまわりにより多く使用見込めることで、衝突安全面にも寄与しています。

成形の自由度を得たホットスタンプ材で、ボディを強化。

超高張力鋼板は高強度であるがゆえに、変形しにくく加工しづらい素材だ。こういう難題を解決するホットスタンプ工法の開発により、超高張力鋼板を積極的に使用できるようになり、より強固なボディ構造を実現することができました。
その工程は、平らな状態の鋼板を加熱し、赤く温めた状態でプレス機にかけた直後に瞬間冷却して反発を解きほぐし、形状を固定化講じるは。一般的な鋼板の引張強度が300MPa程度ですのに関し、1,500MPaという強度を誇る超高張力鋼板を用いて、自由に部材をつくり出すことが可能となります。今回新たに、電気で熱を入れる設備を導入して、実現しました。

前後への最適なトルク配分制御を行う、HV4WD(E-Four)の開発で低燃費化を実現しました。
コンパクト化したシステムを最適に配置することで、ゆとり起こる荷室空間の確保にも成功。
寒冷地のご利用状況に合わせた、徹底した走行テストを実施し、システムの完成度を高めている。

日常使いから雪道まで、ぐっすりアシスト。

リヤインバーター リヤトランスアクスル&リヤモーター ハイブリッドバッテリー
HV4WD(E-Four)は、普段の運転のなかで走行状態によって前輪駆動走行から4輪駆動走行へと、自動的に制御やるシステムだ。
加速時や雪道などの滑り易い路面で、スムーズに4輪駆動走行へ切り換えることで発進性・走行安定性をアシスト。コーナリング時には車両の状態に合わせて前後へのトルク配分を最適化し、際立つ操縦安定性をもたらします。
日常での使用によって、発進時には前輪だけでなく後輪にも駆動力を配分し、発進をアシスト。
その後は時速70km/hまで、走行条件によって前後輪を10:0から4:6の配分比の間で制御行う。言わば賢く必要な分だけ動くシステムだ。

低燃費を諦めない。引き摺り抵抗も徹底カット。

4代目プリウスのHV4WD(E-Four)搭載車は、JC08モード走行燃料消費率34.0km/Lを達成。3代目プリウスの2WD車(32.6km/L)を超える低燃費を実現しました。
具体的な低燃費化対策として磁石レスの誘導モーターを採用し、磁力による引き摺り抵抗によるエネルギーロスをカットしました。ひいては、内部オイルの抵抗にも注目して、抵抗を排除しました。
そういった引き摺り抵抗低減技術を多数織り込み、さらなる低燃費化を徹底的に追求しました。

ユニットの75%小型化達成。荷室空間をしっかり確保。

高出力E-Four、HV4WDの側面からの図
HV4WD(E-Four)のシステムユニットは、高出力なE-Fourシステムに比べ質量・がたい共に、約75%*2の小型化に成功しました。これにより、2WD車とおそらく貫く荷室空間を確保しています。
従来はモーターの駆動軸/リダクションギヤの駆動軸/デファレンシャルギヤの駆動軸といった3本の独立した駆動軸を有する構成でしたが、モーターといったリダクションギヤの駆動軸