プリウス 新型は予防安全にもすぐれています。

puriusuusetu
プリウス 新型は停車場合などにおける、衝突ダウンや衝突損失を回避してくれます。
インテリジェントクリアランスソナー(引き込みアラート効用付)がイイ感じです。
12個の超音波センサーで近所監視しながら、アクセル・妨げペダル修正に関係なく、低速取回し場合における衝突ダウン、もしくは衝突損失の回避に寄与するユニットだ。車庫書き入れなどの運行場合、ハードルの接近を登場といったブザーで報じる「クリアランスソナー」に、妨げ規定を行いハードルとの接触を緩和する効用を添付。加えて、汽車位置付け方法にハードルを巻き込む恐怖を告げる巻き込みアラート効用も設定しています。
移植を圧すだけで、誰でもキレイに停車がプリウス 新型ではOK。
IPA移植は超音波センサーにおいて周囲のハードルを検出し、停車空欄を審査。停車目指す空欄の昔で停車し、移植を圧すだけで、適切な下落開店所への誘いという下落停車のためのステアリング修正のみ自動でアシストします。超音波センサーでゆとり判別をするので、白線がない地や真っ暗時でも停車を支援します。グングン登場はマルチインフォメーションディスプレイ内で浴びるので、ナビシステムを装着する重要もありません。
路車間通信ユニット(PSSS:Driving Safety Support Systems)右折喚起もプリウス 新型はやってくれます。
交差点で右折スタンバイ駐車ら、接近する対向直進車や右折先に進度奴がいるものの妨げペダルから歩きを離して旅立ちしようとしているなど、見落としの可能性がある場合に、登場とブザー響による喚起を行います。
印見識活用システムエコアクセル誘導
前方の交差点によって赤信号で停止することが予測されるら、ハイブリッドシステムインジケーターのエコアクセルガイドのゲージを零にするため、乗員が無駄なテンポをし続けないよう支援します。

車車間通信ユニット(CVSS:Connected Vehicles Support Systems)
通信活用システムレーダークルーズ規定もプリウス 新型の魅力です。
先行車が通信活用システムレーダークルーズコントロールやり方車の場合、車車間通信により取得した先行車の配慮速見識に素早く適応して車間間隔や速度の移り変わりを抑え、スムーズな追従走行が可能となります。

高速走行時でも静粛性に優れています。

第三者における風景よりも、開放直観を楽しめる室内かもしれません。玄関を閉めた瞬間に、外のざわめきが一瞬で逸れるプリウスの遮音性。振動・騒音を牛耳る高剛性体に加え、接合部のすき間も細部にわたって埋めていらっしゃる。また、玄関や窓、そして階級カーペットから特別まで、入念な物音プロセスを融通。殊更、エンジン物音を特定の周波数で打ち壊す新コースによるなど、ハイスピード移動時でも際立つ抑制性をもたらします。
振り切音響の削減
高遮音性ウインドシールドガラス就職/玄関遮音たび熟練/遮音性前玄関ガラス就職
エンジン物音の削減
フードサイレンサー吸音%熟練/サイレンサー付エンジンアンダーカバー就職/ダッシュサイレンサー遮音たび熟練
車内への音響の同行を抑制
体気密性の熟練/ルーフヘッドライニング吸音%熟練/階級カーペット吸遮音たび熟練/リヤデッキ位吸音%熟練

広さも、使いやすさも、深く改善。
ゴルフバッグ4個維持*1|6:4分立順調倒式リヤシート/ベンチ背部片側前倒し日数|ベンチ肩口のレバー
バッグ室ボリューム502L(2WD)を誇る、大ボリュームのラゲージスペース。ハイブリッドバッテリーを小型化し、リヤシート後へ移動する結果十分な虚無を確保しました。また、ベンチ肩口のレバーを引いて専らベンチバックを前倒しすれば、1件でますますワイド残りが発生。6:4分立順調倒式なので、情勢に応じた使い方ができます。
プリウス 新型
よく使う場所にこそ、使い勝手の良さを。
フロントコンソールトレイ(カップホルダー2個付)&ビッグコンソールボックス
空白のトレイに、使い勝手にこだわった開けやすい横食い違いのビッグコンソールボックス。清々しく払える姿勢を追求した結果、豊富な維持数量とともにアームレストとしての使いやすさも高めて残る。

プリウス 新型ではドライビングポジションも進化しています。

プリウス 新型プリウス 新型では心ゆくまで歩きを楽しめる、ドライビングポジションも魅力です。。
疲れがたい理想的なドライビングポジションにかけて。プリウス 新型ではステアリングの傾きや設定を調整しながら、ヒップ決め手を筋担当の最も数少ない高さに設計しました。これは座ったときの筋肉の使われ方を、センサーで綿密に調べた成約による存在。併せて、座席インナーのバネの位置を調整し、腰や筋肉への担当を軽減する骨盤観点も実現している。また、座骨に集中していたストレスを周囲に分散させるバッファパッドに加え、座席インナーのバネの振り分けをノーマライズ。ホールド感を決めるため、レーン交替や右側左折場面における態勢チェンジを低減するなど、いつまでも快適に運転できるドライビングポジションを徹底的に追求している。

すべての方に最適なドライビングポジションを。乗員の姿勢によってステアリングの地位をアップダウン、程度に調節することができるので、最適な態勢で操作できます。
前述も斜めも背面も、パノラミックな限界がプリウス 新型では広がります。

低重心化を通じて陣取る設定が下がっても、プリウス 新型は全進路で良好な限界を適えます。食品を低くするため先ほど限界を解き放ち、一段と院内からワイパーが見えないように設計するなど、すっきり広々とした限界を実現。また、フロントピラーのスリム化や設定も見直すため、斜め先ほど限界もワイドに。背後&斜め背後限界もバックドアガラスの進展や後縁台玄関後部の窓形式の段取りにて見やすくするなど、360°限界のよさを確保している。
疲れ難い、座り感覚のいい座席。
プリウス 新型の座状況のストレス分布 [従前バリエーション]座骨にストレス傾注 [New]周囲にストレスを解離
人の感度を起点に設計された内装を最もダイレクトに見れるのは、座り感覚かもしれません。座った瞬間の包み込まれるようなフィット感。座席の剛性は上げながら、座状況の真下のマテリアルをやわらかく、その他を硬くすることで、座骨に集中しがちなストレスを解離行う。一段と、座席インナーのバネをノーマライズし、ホールド力を高めたため、レーン交替や右側左折ときの態勢チェンジも節約。ロングドライブも疲れづらい座席だ。

プリウス 新型の魅力の一つが、低重心人体からは想像できない、高所の空席。
かりに低重心人体であっても、院内には開き感を。限界形式を工夫するためリヤもフロントという均一ほどのヘッドクリアランスってし、空席いらっしゃる高所余裕を確保している。また、リヤシートもバッファ性の進化や接触面積を広げるため、フロント座席同様に爽やか座り感覚を実現している。
ソファに腰掛けるように、普通態勢でリフレッシュ。
リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)

プリウス 新型ではみんなに有難く過ごしてもらいたいから、リヤアームレストも仕掛けからアップデート。観点という高さを玄関近辺のアームレストと合わせているので、両肘を置いたときにソファに座っているような普通態勢でくつろげます。
グングン染み渡る開き感。チルト&横滑り電動ムーンルーフ(挟み込み防護用途)
院内に爽やか独特という光を採り込むムーンルーフは、変換で容易に開閉が大丈夫。挟み込み防護用途など、安全にも配慮している。