プリウス 新型は様々な進化を遂げています

プリウスの新型は、燃費の向上や、ドライブフィーリングはもちろん、様々なところで進化を遂げています。
インストゥルメントパネルについてですが、新型はより明るく広く感じる仕上がりになっています。
着座位置の低下よりもボンネット高の低下の方がより、大きいため前方の視界は向上していますし、ワイパーもほとんど視界から隠れました。
またAピラーを細幅化し、手前の細いピラーを廃止したことにより、斜め前方の視界も拡大しています。
側面から見てみると、Aピラーの角度が大きく起き上がったため、ヒップポイントからサイドガラス上端までの距離も、
実測値でざっと50mm程度広くなっていて、着座の位置が低くなったにもかかわらず、乗降性は向上しています。
ちなみに、フロントガラスは明るくなった印象とは逆に小型化しているのも驚きです。これはきっと軽量化に貢献していると感じます。

またインパネのデザインも大きく変わっています。先代プリウスの特徴だったインパネとセンターコンソールとの間を橋をかけるように結んでいた「空中回廊」と呼ばれていたものは姿を消し、
「表示系遠方、操作系手元配置」の考えをさらに進めた使い勝手を重視した立体レイアウトに進化しています。
正面には光輝材入りピアノブラックと高輝度シルバー塗装トリムを組み合わせた加飾パネルが付いています。
左右端のエアの噴出し口がドア内張に食い込んでいるようなデザインにも注目です。このデザインによって、プリウス新型はインパネと室内を幅広く見せることに成功しています。
レジスター自体もガラス繊維強化ナイロン材を使用して強度、剛性をアップさせているようです。

前席のシートも進化しています。着座の位置が、下方に59mm、後方に59mm下がったフロントシートは、TNGAに合わせて新しく開発されて、ニュープラットフォームです。
今後ヴィッツからカムリまでシートにはこの基本設計が使われるようになると思います。
座り心地を比べてみると、お尻の下に集中していた荷重が分散されていて、包み込まれるような、フィット感が得られていました。
後ろと左右から腰下を支える保持性も明らかに上がっています。これによってロングドライブのときの腰や、背中への負担が減って、
乗員の疲労が減るのはありがたいですね。

シートのハイト調整は先代プリウスの26アップ/22ダウンに対して、24アップ/39ダウンとなっていて、より微調整が効くようになっています。
ステアリングのチルト/テレスコピック調整幅は30mm/35mmから35mm/35mmへと拡大されていますが、座面をもっとも高い位置にした場合は、ステアリング位置がついてきません。
着座の姿勢を好みに合わせるという発想よりは、どの体格の人でも適正な運転姿勢が取れるようにするための調整機構だと感じます。