様々な魅力が詰まっています。

プリウス 新型では、基本から個々専用の構想であるかのように、直感的な課題を遊べるコックピット。
プリウスのDNAでもある「遠方口外・目先課題」を基本に、自分って自家用車が自然に絆合えるインターフェースを追求しました。プリウス 新型も最高ですね。
まずは運転してください。プリウスは、あなたの実感にもピタリと見合うはずです。

プリウス 新型のフィーリングとして、より直感的なユーザビリティーを目指して、これまで表現に設定されていたクーラーの気温・そよ風嵩整頓交替を、アップダウンの課題で調節できるように変更しました。この交替、目線で見なくても調節できるくらいユーザビリティーが大きいので、運転中の人気引越しを少なくしてくれます。つまり、より安全なドライビングにもつながっているのです。
知りたい内容を、一目で受けとり。
マルチインフォメーションディスプレイもプリウス 新型ではいい感じです。(4.2インチTFT彩り/メーター照度管理付)プリウスとの連絡はいつもここから。運行有様などと連携した内容を、高綿密な液晶ウィンドウに表示します。またステアリング交替(右側)で、ハイブリッドシステムインジケーターや燃費遍歴など、エコ内容ウィンドウも口外できます。

グラフィックメーター(4.2インチTFT彩り/メーター照度管理付)がプリウス 新型には付いています。
昼間でも、くっきり見やすく。ペースや燃料累計といった原点内容を、鮮やかに表示する高綿密メーターです。
カラーヘッドアップディスプレイもプリウス 新型の特徴ですね。
運行に必要な内容をウインドシールドガラスの視野内に投影します。車速やハイブリッドシステムインジケーターなど、さまざまな連絡内容をエンジン食物の上部にあるかのようにワイドに口外。彩りで表示することで、内容を瞬時に分かりやすく認識することができます。プリウス 新型はやっぱりいいですね。

プリウス 新型のフィーリングのひとつは、自分に寄り添う、直感的な課題フィール。
ストレスを感じることなく快適に運行を楽しめるみたい、プリウスは詳細にまでユーザビリティーにこだわっています。たとえば、スウィッチレバーは扱いやすく、初めて触っても作戦になじむフォルム。指を伸ばせばレバーに自然に行きつくちょうどいい設定に設定されています。プリウス 新型もまた、入口トリムや文書レバーも指にフィットする形で、入口の開け閉めや文書の位置管理が流暢です。オートクーラーには、気温・そよ風嵩整頓を直感的なアップダウン課題でやれる交替によることで、人気引越しを少なくし安全な運行にも有用します。
エコ運行をレクレーション感覚で。
ハイブリッド体系の才能や回生ときの現況口外に加え、環境に配慮したアクセル課題の設置を表示するエコアクセルガイドを準備。アクセル課題からエコ運行質を採点するなど、エコ運行の楽しさを広げる一部分も目白押し。今日はどれだけエコな現れができるか。プリウスにはこんな魅力もあります。プリウス 新型はいい感じです。

プリウス 新型では、前文から目線を取り逃すことなく管理もできます。。フォトはA上等“ツーリングセレクション”ステアリング交替
マルチインフォメーションディスプレイひとつの口外スウィッチやオーディオなどの課題を、ステアリングから作戦を離さずにできます。軽快な交替感情と共に、交替を見なくても課題がしやすいみたい、キャパシティーの範囲分けを配色とフォルムで明快に左右。人気引越しが短くスムーズな課題が可能です。
3図書スポークステアリングホイールもプリウス 新型の特徴です。
乗員が常に触れるゾーンだからこそ、作戦になじむ感触を何よりも大切にしました。革の十八番を活かした滑らかな触感と共に、最適なグリップフォルムを追求することで、優れた課題感情を実現しています。
作戦になじむ、高感触のグリップ。
本革巻きステアリングホイールがプリウス 新型ではいい感じです。
組み合わせ皮革巻きステアリングホイール(昇温・降温抑制機能付)
組み合わせ皮革のステアリングホイールには新育成の昇温・降温抑制機能を雇用。夏場の炎天下の熱さや冬の午前の冷たさを和らげます。