プリウス 新型は環境への思いも詰まっています。

プリウス 新型の開発者の思いとは?
当時、こちらに与えられたミッションは、プリウスのモデルチェンジのプロデュースCEOを務めるだけでなく、TNGAの意識出しとして4代目プリウスを業界に送りだすことでした。TNGAの理解というのは、もっといい愛車製作をターゲットとして、愛車製作の制度リストラクションを行うことです。
つまり、プリウス 新型には、目新しいエコカーとしてのアイコンというポストだけでなく、トヨタ愛車の愛車リサーチが変わるというキーアイコンがありました。そのため、こちらはプリウス 新型をエコカーの範囲内で育てるのではなく、新たなTNGAという愛車リサーチのリストラクションの中で、エコカーから巣立たせるような意思を持ってプロデュースに当たりました。プリウス 新型がまったく新しいコンセプトということですね。
プリウス 新型で取り敢えず始めに考えたことは、「雰囲気」というキーワードを広義の意味で捉えようと思いました。
一つは地球雰囲気、もう一つは背景です。
地球雰囲気を良くすることはプリウスの持つDNAです。そして、背景を良くするDNAがTNGAです。
地球雰囲気の点は、徹底的に雰囲気動作を上げて出向く行為。そのためには移動ときの雰囲気圧力をこれまで以上に削減するために、燃費標的40km/Lという厳しいハードルをプロデュース当初から決めて、それを達成していくことにしました。背景は色々ありますが、取り敢えず愛車が人前について果たさなければいけない責任は、トラブルのない状況を作る行為、つまりトラブル無を実現することです。そして、安全な愛車を目指すトヨタ自動車の究極の標的でもあります。
此度TNGAで考え方動作を向上した用は、断じて現れの楽しさをレベルアップするということだけを目指したわけではありません。プリウス 新型は、過去形式よりもぐっと低くなった低重心メニューとなっていますが、低重心を通じて移動ときの愛車は安定します。安定は自分が思った通りに愛車が動いて受け取ることで、運転ときの扇動を軽減できます。プリウス 新型は人間を薄く座らせるのも、より自然な状態で運転をすることができるからです。
これまでは少し送信ライトな運転様式を設定していたため、たくさん運転していると疲れやすかったのではないかと感じています。プリウス 新型では乗降性との均衡を見極めながら、よりナチュラルで快適な運転様式を追求することで、遠路運転も世間の運転も、疲れ辛く、より楽に、安心して運転して下さる。それがトラブルのない状況に一歩たどり着くというポストでTNGAを捉えています。
その上でプリウス 新型ようの警護セキュリティの観点からセキュリティ機器「TSSP」(Toyota Safety Sense P)を設定しました。

新型のTNGAはプラットフォームの制度リストラクションので、骨格部分のように思われがちですが、ハイブリッド仕掛けもTSSPもTNGAの要素です。その理由はみんなが大きく使ってできるものだからです。どのような愛車に限らず、同じように使っていけるものを作ろうというのがTNGAの元々の理解であり、目的の一門だからです。TSSPを積極的に使っていこうというのも、トラブルを減らすことができ、背景に貢献することになるからです。
また、ナチュラル災禍の多い日本では、プリウス 新型でもハイブリッド愛車やプラグインハイブリッド愛車が持つ「外部給電役割」もTNGAの意思から生まれた装具です。そういったさまざまな役割パートを思い切り組み入れることで、地球雰囲気だけでなく、背景も含めてプリウスは雰囲気を良くしていくという理解でプロデュースを進めてきました。