プリウス 新型ではエンジンやシステムなど様々進化しています。

プリウス 新型で、進化した、2ZR-FXEエンジン。プリウス 新型には1.8L・直列4気筒の改め2ZR-FXEエンジンを搭載しています。大寸法クールドEGR*1(排泄瓦斯再サイクル)システムの流入量出稿をはじめ、吸気ポートポジションのチェンジやクールエアダクトの抜てきなどにより、燃焼効率が著しくUP。ガソリンエンジン風土トップレベルとなる最大限意気ごみコストパフォーマンス40百分率を達成しました。燃費スペックを飛躍的に高めながら、低エミッション、ゆとりの実行スペックを実現しています。また、エンジンコストパフォーマンスを決める思惑諸元である、収縮比を上げることが可能な高推進比転回を永続抜てき。メインガソリン用でありながら収縮比13.0を実現し、低燃費の発展に貢献しています。*1.EGR:Exhaust Gas Recirculation
大容量クールドEGRシステム
排気ガスをEGR室温でアイシング、その後、吸気経路に再サイクルさせることにより、ポンピングマイナス、エンジンアイシングマイナスを低減します。また、換気温度を下げることにより全域原理空燃比を実現し、燃費増量と共にエミッション短縮にも有益。4代目プリウスでは、インテークマニホールドのERG配布回廊のプロセスをチェンジし、再びコストパフォーマンスのよい燃焼につなげました。
吸気ポート
吸気ポートの位置という格好を変更する結果、タンブル道のりの気流を直進化。もう一度逆タンブルの気流材料も低下させる結果、タンブル比*2を大幅に向上させるなど、燃焼効率がすごくUP。低燃費化に貢献しています。
*2.
シリンダ内での撹拌のがたいを表す据置。ピストンの駆動道のりの旋回流というそのコア道のりの比。
プリウス 新型
クールエアダクト
低食物の体に対応するため、エアバキュームクリーナーを小型・低レイアウト化。また、ハイウェイ走行時に大量の外気を導入するための特別吸気開口を設定しました。密度のおっきい刺々しい感じを吸うことにより、燃焼コストパフォーマンスを高めています。
ハイブリッドトランスアクスルもプリウス 新型で、進化したポイントです。リダクション役所(モーターのトルクを拡大するためのダウン役所)の平行コアギヤ化により、駆動マイナスを以前比で約20百分率*1の短縮を実現しました。また、モーターを複コア配置した結果トランスアクスルの全長を約12百分率(409mm→362mm)*1のコンパクト化に成功。加えて、パワーコントロールユニットをトランスアクスル直上に配置する結果、ハイブリッドシステムの小型軽量化を実現しています。

プリウス 新型では、パワーコントロールユニットも進化しています。
低マイナス素子の抜てきなどにより、際立つマイナス短縮を実現。また低減を考える結果、トランスアクスル直上搭載を可能にし、ラゲージにあった補タイミングバッテリーをエンジン部屋へ移動することにより、ラゲージスペースも広くなっています。
また、バッテリーの直流電圧を、モーターやジェネレーターで使えるようにふれ合い電圧に改造したり、その逆改造を行う人気カードを低減。もう一度アイシング器材も新設計する結果、アイシングコストパフォーマンスをアップするとともに、コンパクト化と軽量化を実現しました。可変電圧システムはモーター・発電タイミングの駆動電圧を最大限DC600VTRまで、必要に応じて無段階で昇圧行なう。

DC/DCコンバーターもプリウス 新型の進化のポイントになっています。
貨物の補タイミング部類・電子装具ECU の電源として使えるように、バッテリー・発電タイミングから発生する高電圧を減圧行なう。