空力性能もアップしています。

特有から生まれた、空力構図もプリウス 新型の特徴です。新エアロダイナミクス
燃費の良い、究極の空力構図をめざして。プリウスの代表でもあるトライアングル影法師が再度進化しました。強みは、前に出たルーフ季節からリヤへといった流れ出る穏やかな構図。ルーフ季節が前に退職しリヤがなだらかになった結果、感覚対抗が減り、風の流れがスムーズに。感覚を巧みに聞き流す結果、CD統計*1=0.24*2の繁盛に有用し、燃費発達って際立つコントロールリライアビリティをもたらします。
足下にも、確かなリアクション美貌を。アルミホイールもプリウス 新型の魅力です。
特有と共に走り抜けるために。リアクション美貌を追求した先進的なアルミホイールをご用意しました。17インチには、悪徳塗装のアルミホイールとシルバーの樹脂加飾パーツを組み合わせた画期的なしかたを就職。15インチは、アルミホイールってホイールキャップを組み合わせた構図にするなど、とも軽量化といった空力規格の発達を兼務。先進性って高級感を演出しながら、燃費にも貢献するアルミホイールだ。
プリウス 新型では、細部にわたって、風の流れを保全を実現しています。空力規格の検証
突出した空力規格の導因。それは、ルーフパターンの改革だけでは喋りきれません。フロントピラーをはじめとした、各車体パーツも空力規格を決めるパターンへ。ドアミラーやルーフアンテナも空力規格を兼務したドラフトだ。二度とフロアアンダーカバーを設置し、床下を平坦化することで風の流れをスムーズにするなど、床下整流も履行。風の流れをコントロールする様々な知性が、細部にわたって宿されている。
プリウス 新型
エンジンの暖好機を早め、感覚対抗も節減をプリウス 新型ではしています。グリルドア
実は、グリルの裏にも感覚対抗への要領があります。運転状態やエンジンの暖好機状態に合わせて、自動的開閉するグリルドア。アイシングつながりに必要な運転特有が過剰な運転シーンではドアを閉じ、その流れを積極的に床下に導くことにより、床下の整流インパクトを向上させます。エンジンの暖好機を促進しながら感覚対抗の節減も企てる、かしこい機械だ。
空力ドラフトに宿る、被視認性への執着心を感じさせるプリウス 新型です。リヤスポイラー(LEDハイマウントストップランプ付)
感覚対抗の節減に貢献するリヤスポイラーといった、LEDハイマウントストップランプ。先進的なフォームを演出すると共に、均一に点灯するLEDが継続車種からの被視認性を高めます。

プリウス 新型では、無駄のない構図が手に入れた究極の空力規格。フロントバンパー湾曲、フロントピラー、リヤバンパーコーナー&リヤ周りのコピー、ルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)
3代目プリウスよりもルーフ季節を先へ170mm退職し、その季節からリヤへといった広がる穏やかな構図にしたことで、グングン流線型に近づきました。ルーフから収納にわたって圧力の回復ができるようにパターンを工夫しながら、リアスポイラーやリヤバンパーの高さ・長さ・視点を分散したことにより、特有をスムーズに流すことが可能となり、雰囲気トップレベルのCD統計=0.24*1が実現しました。
やはりこういう突出した空力規格は、ルーフ周りのパターンの改革だけでは喋りきれません。フロントピラーの段差を少なくしインテリアに整流ガーニッシュの据置。フロントタイヤの前部を整流する最適な視点を追求したフロントバンパー湾曲パターンの対比。背後への感覚の流れを考えるリヤバンパーやリアコンビネーションランプのパターン工夫。ドアミラーやルーフアンテナも空力規格を兼務したドラフトというしました。このように、違いさまざまな各車体パーツまで工夫・分散を行っています。プリウス 新型はやっぱりすごいですね。