プリウス 新型ではドライビングポジションも進化しています。

プリウス 新型プリウス 新型では心ゆくまで歩きを楽しめる、ドライビングポジションも魅力です。。
疲れがたい理想的なドライビングポジションにかけて。プリウス 新型ではステアリングの傾きや設定を調整しながら、ヒップ決め手を筋担当の最も数少ない高さに設計しました。これは座ったときの筋肉の使われ方を、センサーで綿密に調べた成約による存在。併せて、座席インナーのバネの位置を調整し、腰や筋肉への担当を軽減する骨盤観点も実現している。また、座骨に集中していたストレスを周囲に分散させるバッファパッドに加え、座席インナーのバネの振り分けをノーマライズ。ホールド感を決めるため、レーン交替や右側左折場面における態勢チェンジを低減するなど、いつまでも快適に運転できるドライビングポジションを徹底的に追求している。

すべての方に最適なドライビングポジションを。乗員の姿勢によってステアリングの地位をアップダウン、程度に調節することができるので、最適な態勢で操作できます。
前述も斜めも背面も、パノラミックな限界がプリウス 新型では広がります。

低重心化を通じて陣取る設定が下がっても、プリウス 新型は全進路で良好な限界を適えます。食品を低くするため先ほど限界を解き放ち、一段と院内からワイパーが見えないように設計するなど、すっきり広々とした限界を実現。また、フロントピラーのスリム化や設定も見直すため、斜め先ほど限界もワイドに。背後&斜め背後限界もバックドアガラスの進展や後縁台玄関後部の窓形式の段取りにて見やすくするなど、360°限界のよさを確保している。
疲れ難い、座り感覚のいい座席。
プリウス 新型の座状況のストレス分布 [従前バリエーション]座骨にストレス傾注 [New]周囲にストレスを解離
人の感度を起点に設計された内装を最もダイレクトに見れるのは、座り感覚かもしれません。座った瞬間の包み込まれるようなフィット感。座席の剛性は上げながら、座状況の真下のマテリアルをやわらかく、その他を硬くすることで、座骨に集中しがちなストレスを解離行う。一段と、座席インナーのバネをノーマライズし、ホールド力を高めたため、レーン交替や右側左折ときの態勢チェンジも節約。ロングドライブも疲れづらい座席だ。

プリウス 新型の魅力の一つが、低重心人体からは想像できない、高所の空席。
かりに低重心人体であっても、院内には開き感を。限界形式を工夫するためリヤもフロントという均一ほどのヘッドクリアランスってし、空席いらっしゃる高所余裕を確保している。また、リヤシートもバッファ性の進化や接触面積を広げるため、フロント座席同様に爽やか座り感覚を実現している。
ソファに腰掛けるように、普通態勢でリフレッシュ。
リヤセンターアームレスト(カップホルダー2個付)

プリウス 新型ではみんなに有難く過ごしてもらいたいから、リヤアームレストも仕掛けからアップデート。観点という高さを玄関近辺のアームレストと合わせているので、両肘を置いたときにソファに座っているような普通態勢でくつろげます。
グングン染み渡る開き感。チルト&横滑り電動ムーンルーフ(挟み込み防護用途)
院内に爽やか独特という光を採り込むムーンルーフは、変換で容易に開閉が大丈夫。挟み込み防護用途など、安全にも配慮している。