プリウス 新型は予防安全にもすぐれています。

puriusuusetu
プリウス 新型は停車場合などにおける、衝突ダウンや衝突損失を回避してくれます。
インテリジェントクリアランスソナー(引き込みアラート効用付)がイイ感じです。
12個の超音波センサーで近所監視しながら、アクセル・妨げペダル修正に関係なく、低速取回し場合における衝突ダウン、もしくは衝突損失の回避に寄与するユニットだ。車庫書き入れなどの運行場合、ハードルの接近を登場といったブザーで報じる「クリアランスソナー」に、妨げ規定を行いハードルとの接触を緩和する効用を添付。加えて、汽車位置付け方法にハードルを巻き込む恐怖を告げる巻き込みアラート効用も設定しています。
移植を圧すだけで、誰でもキレイに停車がプリウス 新型ではOK。
IPA移植は超音波センサーにおいて周囲のハードルを検出し、停車空欄を審査。停車目指す空欄の昔で停車し、移植を圧すだけで、適切な下落開店所への誘いという下落停車のためのステアリング修正のみ自動でアシストします。超音波センサーでゆとり判別をするので、白線がない地や真っ暗時でも停車を支援します。グングン登場はマルチインフォメーションディスプレイ内で浴びるので、ナビシステムを装着する重要もありません。
路車間通信ユニット(PSSS:Driving Safety Support Systems)右折喚起もプリウス 新型はやってくれます。
交差点で右折スタンバイ駐車ら、接近する対向直進車や右折先に進度奴がいるものの妨げペダルから歩きを離して旅立ちしようとしているなど、見落としの可能性がある場合に、登場とブザー響による喚起を行います。
印見識活用システムエコアクセル誘導
前方の交差点によって赤信号で停止することが予測されるら、ハイブリッドシステムインジケーターのエコアクセルガイドのゲージを零にするため、乗員が無駄なテンポをし続けないよう支援します。

車車間通信ユニット(CVSS:Connected Vehicles Support Systems)
通信活用システムレーダークルーズ規定もプリウス 新型の魅力です。
先行車が通信活用システムレーダークルーズコントロールやり方車の場合、車車間通信により取得した先行車の配慮速見識に素早く適応して車間間隔や速度の移り変わりを抑え、スムーズな追従走行が可能となります。